KDK NEWS

Date: 2013 Apr-1

高周波基本波振動子の紹介 
High Frequency Fundamental Crystal

KDKの高周波基本波振動子の紹介:
KDKは独自に開発した水晶加工プロセス(メサブランク工程)を使って、AT基本波を基準信号とする様々な高周波発振器を 開発してきました。情報通信のスピードが高速化する中、発振器自体の小型化も進み、それに内臓される振動子自体も小型化される傾向にあります。
自社の発振器に合わせて、高周波の振動子を内製してきた経験を活かし、AT基本波を使った様々なタイプの振動子を製造しております。
 

KDK Model

UM-1/UM-5 MAX DOT SEG MAS   BIT
 
Size UM-1/UM-5 7.5x5.0x1.1mm 5.0x3.2x0.8mm 3.2x2.5x0.8mm 2.5x2.0x0.7mm 2.0x1.6x0.5mm
Frequency 50~200MHz

50~200MHz

70~200MHz
70~200MHz

70~200MHz

70~200MHz
Mode AT-Fund AT-Fund AT-Fund AT-Fund AT-Fund AT-Fund
Product Feature +-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C
+-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C
+-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C
+-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C
+-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C
+-20ppm~+-50ppm
-10~60C/-40~85C

リードタイプから、SMDタイプまで、必要に応じたパッケージに組み込まれたAT基本波振動子を製造しています。
最近では、基本波振動子自体を求められることも増えており、振動子自体での販売も積極的に行っております。
周波数、仕様などは、御要望があれが、遠慮なく御連絡下さい。
 

SPEC SHEET: (UM-1/5 ),  (MAX ),  (DOT ),  (SEG ), (MAS ), (BIT )

If you have any questions and request, please contact KDK sales.

 

Please contact us for any Questions and Requests.

KYUSHU DENTSU CO., LTD. (KDK)
340 Fukushige Omura Nagasaki 856-0006 Japan
TEL:+81-957-55-1313    FAX:+81-957-27-4018
EMAIL:  kdk@kdk-group.co.jp

http://www.kdk-group.co.jp